CINQ よりもこもこソックスが入荷しました

11月に入り、ぐっと肌寒くなってきました。

現在秋冬アイテムの入荷ラッシュが続いております。
昨日入荷したのは、CINQのもこもこソックスと指なし手袋。

どちらも秋冬限定の定番アイテムです。
特に、寒くなってきたお家時間のお供におすすめなのは、
もこもこソックス。



寒さの厳しいフィンランドの靴下ブランド、TOIVO(旧VENRA)のもこもこソックス。
裏地がつま先までもこもこと起毛していてあたたかく、
ウールにアクリルやナイロンを混紡しているため耐久性にも優れているルームソックスです。

ヒーターをつけていても、足先は氷のよう!に冷たい冷え性の私も
このソックスを履くと、気持ちよすぎて肩の力が抜けます。



慣れてしまうと、薄手のソックスでは心もとない気がするほど
中毒性もあるもこもこソックス。

季節1回のみの入荷となりますので、
ぜひ、カラーバリエーションの揃っているうちにお気に入りをゲットしてください。

お母さんや、友人へのギフトとしても人気です。


CINQ もこもこソックス







wooden story ナチュラルストッキングトイのご予約を受付中です。




大自然が広がるポーランド南部、ベスケディ山の深い森で
森林を見守りながら、代々に渡りものづくりを行っている
おもちゃブランドWOODEN STORY。

自然の木の模様を生かし、素材はできるだけ自然のまま使って
作られる木のおもちゃは、シンプルで、いろいろな遊び方ができ、
こどもたちの想像力を育むものばかりです。

中でも人気が高く、お問い合わせもたくさんいただいておりました
ナチュラルストッキングトイの再入荷が決定いたしました。



輸入元さんからは、11月初旬予定とのご連絡をいただいております。
ただいまご予約をいただきますと、11月入荷次第すぐにお届けできますので
ぜひお早めの確保を!

・wooden story ナチュラルストッキングトイ


クリスマスプレゼントや、お誕生日プレゼントにもおすすめです。

たくぼさんのわら細工が新入荷

宮崎県日之影町のわら細工たくぼさんより、わらの飾り物・日用品が入荷しています。



わら細工といえば、お正月の注連縄を思い浮かべる方も多いと思いますが
宮崎県の高千穂地域では、注連縄はお正月だけのものではなく
一年を通して飾る習慣があるのだとか。

実際に私が夏に日之影町のたくぼさんの工房を訪ねた折にも、
周りの家々には、立派な注連縄が飾られていたのが印象的でした。

神楽が盛んな高千穂地域で、
暮らしに縁起物として、大切に継承され、使われてきたわら細工。
たくぼさんでは、田んぼで稲を育てるところから自分たちで行い
秋に収穫したわらを一つ一つ丁寧に加工して、注連縄や鍋敷きを手作りされています。




今回入荷しているのは、
人気の祝い結び(大)・(小)のほか、縁起の良い酉・亀の飾り物、
クリスマスのリースにも使える輪飾り、小さくて飾りやすい縁結び
シンプルながらわらの存在感がある豊楽・卵つとなどなど。






宮崎県は私の地元でもあり、
帰省するたびに、友人宅で見かけていたたくぼさんの飾り物を
ご紹介できることをとてもうれしく思っています。

年末になるにつれ、毎年品薄になるということですから
ぜひ揃っているうちに、ゆっくりご覧ください。


・わら細工たくぼ アイテム一覧




gg*のアドベントカレンダー、apartment31の再販決定!

広島はここ数日、すっきりしない秋の日が続いています。
気温は低めなのですが湿度が高く、扇風機をしまおうかどうしようか迷う毎日です。

さて、まだ9月!なのですが、今年のクリスマスに向けてうれしいニュースが
kukkiaの塩見さんより入ってきました。
クリスマスといえば、gg*とkiko+のおもちゃを毎年たくさんご注文いただいているのですが、
昨年一旦生産終了となっていた、gg*のアドベントカレンダーapartment31の再生産が決定いたしました。




apartment 31は、
30コのお部屋と、屋根裏部屋からなるおうち型の木のおもちゃ。

クリスマスまでの期間、お菓子や小さいプレゼントを入れて
カウントダウンを楽しめるだけでなく、木製の佇まいが素敵なので
クリスマス以外の期間も、サンタさんの帽子を外して、
インテリアとして飾っておいてもかわいいです。

個人的にもデザインが大好きで、gg*のおもちゃのなかでも、愛着のあるおもちゃ。
もう会えないのかなーと思っていたので、再生産が決まって喜んでおります。

只今ご予約いただくと、11月中旬入荷次第、すぐにお届けすることができますので
ぜひご予約がおすすめです。

・ご予約ページはこちら。gg* apartment 31

※ご予約の際には、単品でご注文ください。

鹿児島睦さんのハンカチ、カラー5種が再入荷しました。

9月に入り、涼しい風がふきはじめました。
カープのマジックも一気に減って、もうすぐCSかーと思うと、気分は秋ですね。
夏休みは終わってしまったけど、秋は連休が2回も!
なんとなく、秋は山に登りたくなりますが、皆様の行楽の予定はいかがでしょうか。

欠品していた、鹿児島睦さんのハンカチ、カラー各種が再入荷しています。



こちらのハンカチ、個人的にはモノクロverが好きで、
撮影背景としてもよく登場してもらっているのですが、
人気、ということでいうと断然カラーが人気です。

上の写真は私物の、もう5年以上使い続けているものなので
カラーver は随分色が褪せてきていますが、
色が薄くなっても、残念な感じにならず、相変わらず良いです。

そして、柄も勿論なのですが、このハンカチの良さは、
この薄さではないか・・・と、5年目にして最近感じています。

つまりすぐ乾くので、湿気の多い夏も絶対に生乾きにならないし、
旅行に持って行って、夜洗濯しても、朝には乾いていて、
また気持ちよく使えるのです。

そして・・・なるべくアイロンを避けたい私にとって
シワがあっても、いい雰囲気を出してくれるところも最高。

鹿児島さんの素敵なプリントばかりに目がいきがちなのですが
実は素材が、ハンカチとして超優秀なんです。

ぜひぜひ、皆様も秋の行楽のお供に一枚いかがでしょうか。
使い始めると、いつもこのハンカチばかりに手が伸びてしまいますよ。

・鹿児島睦さんのハンカチ(メール便送料無料)






われらがwashwash、パリへ!

週末の乾いた天気はどこへやら、また蒸し暑さがもどってきました。
それでも、最高気温32度と聞くと、「今日は涼しいな」と嬉しくなってしまいます。
連日37度を体験した今年の身体は、間違いなくレベルアップしてますね。

さて、本日は、washwashの販売元、カナッコインターナショナルさんより嬉しいニュースが。
なんとパリのセレクトショップ、merciさんでwashwashの取り扱いがスタートされるそうです。



私の遠いフランス旅の記憶では、世界中から素敵なものがセレクトされていて
お店も広く、ディスプレイも楽しく、興奮したのを覚えているmerciさん。
MADE IN JAPANのアイテムも並んでいるのですが、
9月から、そこにwashwashも加わるとのこと。
日本の美しい日用品が、ヨーロッパでどんなふうに受け止められるのか
楽しみですね。



washwashは、クロス グレー&カラフルなアイテムが在庫僅少ですが、
ずーっと人気のブラックは、クロス&ボーダー共に人気があります。
この夏も、繊細なグラスを洗うのに大活躍だったwashwash。
ぜひ一度このふかふか感をおためしくださいね。


→ washwash アクリルたわし
→ washwash バスたわし

大地の芸術祭に行ってきました。

お盆休みが終わり、今日は少し涼しい風がふいています。
台風が次々と発生して心配ですが、
酷暑にはすべてのやる気を奪われてしまうので、
このまま湿気が去り、温度が低くなるとよいのですが。

先日、新潟、越後妻有で開催中の大地の芸術祭に行ってきました。
人生初新潟。田んぼ、田んぼ、どこまでいっても田んぼーーーーの新潟の絶景に感動しつつ、
お天気にも恵まれ、里山と調和した作品巡り、とっても楽しかったです。



一番のお目当てだったのは、こちらタレルの「光の館」。
タレルのマイベストは人が少ない平日の地中美術館の「オープンスカイ」なのですが
この「光の館」も、畳の部屋の屋根がスイッチ一つで開閉する!という驚きの作品でした。
晴天の夜に宿泊して、夜屋根を明けたら、星がすごそう。
建物の雰囲気も良く、宿泊は予約がいっぱいですが、死ぬまでにいつかは泊まりに来たいです。




「光の館」の駐車場近くに佇んでいた、「昆虫」。
竹(多分)で作られた、大きなイナゴ(多分)。違和感なく馴染んでいました。

そして、大地の芸術祭といえば、「棚田」と草間先生の「花咲ける妻有」。





最後に、今年リニューアルしたという「清津峡」。
もともと、清津峡は、珍しい岩の形を楽しめるという、日本三大峡谷の名所なのですが
大地の芸術祭とのコラボで、峡谷の観察スポットを作品化することによって、
マストゴー!の素敵スポットに生まれ変わっておりました。
なぜか大地の芸術祭のサイトでは、あまりフィーチャーされていないのですが
これから行かれる方、ぜひ必ず行ってください。
トンネルは涼しいし、冷たい水に足を浸せるスポットもあり、涼めあてにもおすすめです。
多分混むので、朝早くや平日にぜひ!







作品巡りの途中には、野菜や果物の産直販売所で
なぜか炊きたてのごはん(南魚沼産!)をご馳走になったり、
「土石流のモニュメント」の作品の説明を聞きながら
とれたてのトマトをご馳走になったり、
新潟って豊かなんだなあと、実感した旅にもなりました。

新潟は広島から行くと、かなり遠いのですが、
関西以北の方はアクセスもよく、週末旅にぴったりだと思います。
大地の芸術祭は9月17日までとか。
夏の思い出づくりにもおすすめです。


チェコの職人さんによるマウスブローグラス

今日も暑いです。暑いですが、台風が去ってから、少し涼しい風が吹いています。
湿気を吹き飛ばしてくれたのか、太陽が隠れると先週より涼しい気分。
7月も終わりますし、少し暑さが和らぐといいですね。。



あまり冷たいものばかり飲むのはよくないと思いつつ
アイスカフェオレ、麦茶、ソーダ、ミントティー、ビール、白ワイン・・・と
冷たいものばかり飲んでいます。

なので、このグラスばかり使っています。




チェコの職人さんによる、マウスブローグラス。

スタッキングもできるタンブラー型なのですが、
底の形に特長があり、1点1点違う曲線具合に、
ガラスではあるものの、少しやわらかさを感じる有機的なデザイン。

使っていないとき、水切りかごに伏せてある様子も、
食器棚で出番を待っている時も、素敵です。

薄口で口当たりがいいので
水を飲んでも、ワインを飲んでも、2層のカフェオレを飲んでも美味しい。

家人はアイスカフェオレもマグで飲むのですが、信じられない!
グラスで飲まないとアイスカフェオレの美味しさ3割減だろ、
と注意しながら飲んでいます。

薄口グラス党のみなさまへ。夏のおすすめです。

→ Bohemian Mouthblown Glass ボヘミアン マウスブロー グラス 

En Liten Van フラワーベース Foxが再入荷いたしました。

暑いですね・・・。
猛暑、酷暑、鬼暑。
最近は天気予報の気温だけでなく、iPHONEの天気アプリの「体感温度」を毎日チェックしています。
今日の広島、気温は32度ですが、体感温度は36度。
東京に至っては、気温は33度ですが、体感温度は43度です。
43度って・・・もはやお風呂。
皆様、本当に外出時・スポーツ時はお気をつけください。

そんなつらいなかではありますが、涼しいスウェーデンより人気のきつねさんが再入荷いたしました。



福岡県在住の陶芸家 鹿児島睦さんデザイン、
スウェーデン・グスタフスベリの工房keramikstudionで生産されたフラワーベース、En Liten Van。
一気に大量には作ることができないものなので、小分けに入荷していますが、
いつも人気ですぐに欠品するのがこちらのFox、きつねさんです。



このシリーズ、個人的にはBirdが好きなのですが、
やっぱり鳥というのはモチーフとして人気なので、
すでにお家に別の鳥さんをお持ちだったりということでしょうか。
だんぜんFoxが人気です。



フラワーベースには、ハンカチがセットになっているのですが、
今回入荷したFox分は、ホワイトの生地にターコイズグリーンのプリント。
柄がくっきりとして、涼しげでかわいいです。

このほか、入荷時によってはホワイト生地に黒のプリントのものもございます。

基本的にはハンカチのお色はお選びいただけませんが、どうしてもこの色がいい!
というご希望がある方は、備考欄にお書き添えの上、ご注文くださいませ。
在庫がある場合には、対応をさせていただきます。

→ En Liten Van フラワーベース (鹿児島睦 +keramikstudion)

ちなみに、鹿児島睦さんといえば、こちらの波佐見焼の花器もございます。
こちらはつるっとした仕上がり、少し雰囲気が違いますが、シンプルで、
ギフトにも人気のアイテムです。



→ 鹿児島睦 ウサギの花器 Rabbit Flower Vase 




CINQの日傘 新入荷&リサ・ラーソンRABBIT再入荷

7月に入ったとたん、暑いですね。
日差しのじりじり感が殺気立った感じになり、湿度も上がり、
酷暑到来です。

アームカバーや日傘などなど盛夏アイテムが
毎日、皆様のもとへ旅立ってゆきます。




日傘はCINQさんらしく、持ち手から細かいパーツまで素敵に仕上がっており
展示会でおおおっとなったアイテム。撮影でも人気でした。
小ぶりで扱いやすいので、いつもはビニール傘の私も
おしゃれ傘入門にグレーを購入したところです。



春から少しずつ入荷してきた夏アイテムは、
7月中旬から品薄になりますので
狙ったお色のある方は、お早めに。

また、久々にgrisさんの刺繍キットや、lisa larsonのRABBITも再入荷しています。
RABBIT・・・目つきの悪さがたまりません。

・中川政七商店 アームカバー
・CINQ 日傘
・gris + 樋口 愉美子 EMBROIDERY KIT 刺繍キット
・lisa larson RABBIT


※日傘の撮影は、sukimaの小さな茶室のようなギャラリー、SENZAで行いました。
広島に寄られた際には、ぜひ足を伸ばしてみてください。(営業は予約制)

| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM