大地の芸術祭に行ってきました。

お盆休みが終わり、今日は少し涼しい風がふいています。
台風が次々と発生して心配ですが、
酷暑にはすべてのやる気を奪われてしまうので、
このまま湿気が去り、温度が低くなるとよいのですが。

先日、新潟、越後妻有で開催中の大地の芸術祭に行ってきました。
人生初新潟。田んぼ、田んぼ、どこまでいっても田んぼーーーーの新潟の絶景に感動しつつ、
お天気にも恵まれ、里山と調和した作品巡り、とっても楽しかったです。



一番のお目当てだったのは、こちらタレルの「光の館」。
タレルのマイベストは人が少ない平日の地中美術館の「オープンスカイ」なのですが
この「光の館」も、畳の部屋の屋根がスイッチ一つで開閉する!という驚きの作品でした。
晴天の夜に宿泊して、夜屋根を明けたら、星がすごそう。
建物の雰囲気も良く、宿泊は予約がいっぱいですが、死ぬまでにいつかは泊まりに来たいです。




「光の館」の駐車場近くに佇んでいた、「昆虫」。
竹(多分)で作られた、大きなイナゴ(多分)。違和感なく馴染んでいました。

そして、大地の芸術祭といえば、「棚田」と草間先生の「花咲ける妻有」。





最後に、今年リニューアルしたという「清津峡」。
もともと、清津峡は、珍しい岩の形を楽しめるという、日本三大峡谷の名所なのですが
大地の芸術祭とのコラボで、峡谷の観察スポットを作品化することによって、
マストゴー!の素敵スポットに生まれ変わっておりました。
なぜか大地の芸術祭のサイトでは、あまりフィーチャーされていないのですが
これから行かれる方、ぜひ必ず行ってください。
トンネルは涼しいし、冷たい水に足を浸せるスポットもあり、涼めあてにもおすすめです。
多分混むので、朝早くや平日にぜひ!







作品巡りの途中には、野菜や果物の産直販売所で
なぜか炊きたてのごはん(南魚沼産!)をご馳走になったり、
「土石流のモニュメント」の作品の説明を聞きながら
とれたてのトマトをご馳走になったり、
新潟って豊かなんだなあと、実感した旅にもなりました。

新潟は広島から行くと、かなり遠いのですが、
関西以北の方はアクセスもよく、週末旅にぴったりだと思います。
大地の芸術祭は9月17日までとか。
夏の思い出づくりにもおすすめです。


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM