大地の芸術祭に行ってきました。

お盆休みが終わり、今日は少し涼しい風がふいています。
台風が次々と発生して心配ですが、
酷暑にはすべてのやる気を奪われてしまうので、
このまま湿気が去り、温度が低くなるとよいのですが。

先日、新潟出張の際に、越後妻有で開催中の大地の芸術祭に行ってきました。
人生初新潟。田んぼ、田んぼ、どこまでいっても田んぼーーーーの新潟の絶景に感動しつつ、
お天気にも恵まれ、里山と調和した作品巡り、とっても楽しかったです。



一番のお目当てだったのは、こちらタレルの「光の館」。
タレルのマイベストは人が少ない平日の地中美術館の「オープンスカイ」なのですが
この「光の館」も、畳の部屋の屋根がスイッチ一つで開閉する!という驚きの作品でした。
晴天の夜に宿泊して、夜屋根を明けたら、星がすごそう。
建物の雰囲気も良く、宿泊は予約がいっぱいですが、死ぬまでにいつかは泊まりに来たいです。




「光の館」の駐車場近くに佇んでいた、「昆虫」。
竹(多分)で作られた、大きなイナゴ(多分)。違和感なく馴染んでいました。

そして、大地の芸術祭といえば、「棚田」と草間先生の「花咲ける妻有」。





最後に、今年リニューアルしたという「清津峡」。
もともと、清津峡は、珍しい岩の形を楽しめるという、日本三大峡谷の名所なのですが
大地の芸術祭とのコラボで、峡谷の観察スポットを作品化することによって、
マストゴー!の素敵スポットに生まれ変わっておりました。
なぜか大地の芸術祭のサイトでは、あまりフィーチャーされていないのですが
これから行かれる方、ぜひ必ず行ってください。
トンネルは涼しいし、冷たい水に足を浸せるスポットもあり、涼めあてにもおすすめです。
多分混むので、朝早くや平日にぜひ!







作品巡りの途中には、野菜や果物の産直販売所で
なぜか炊きたてのごはん(南魚沼産!)をご馳走になったり、
「土石流のモニュメント」の作品の説明を聞きながら
とれたてのトマトをご馳走になったり、
新潟って豊かなんだなあと、実感した旅にもなりました。

新潟は広島から行くと、かなり遠いのですが、
関西以北の方はアクセスもよく、週末旅にぴったりだと思います。
大地の芸術祭は9月17日までとか。
夏の思い出づくりにもおすすめです。


チェコの職人さんによるマウスブローグラス

今日も暑いです。暑いですが、台風が去ってから、少し涼しい風が吹いています。
湿気を吹き飛ばしてくれたのか、太陽が隠れると先週より涼しい気分。
7月も終わりますし、少し暑さが和らぐといいですね。。



あまり冷たいものばかり飲むのはよくないと思いつつ
アイスカフェオレ、麦茶、ソーダ、ミントティー、ビール、白ワイン・・・と
冷たいものばかり飲んでいます。

なので、このグラスばかり使っています。




チェコの職人さんによる、マウスブローグラス。

スタッキングもできるタンブラー型なのですが、
底の形に特長があり、1点1点違う曲線具合に、
ガラスではあるものの、少しやわらかさを感じる有機的なデザイン。

使っていないとき、水切りかごに伏せてある様子も、
食器棚で出番を待っている時も、素敵です。

薄口で口当たりがいいので
水を飲んでも、ワインを飲んでも、2層のカフェオレを飲んでも美味しい。

家人はアイスカフェオレもマグで飲むのですが、信じられない!
グラスで飲まないとアイスカフェオレの美味しさ3割減だろ、
と注意しながら飲んでいます。

薄口グラス党のみなさまへ。夏のおすすめです。

→ Bohemian Mouthblown Glass ボヘミアン マウスブロー グラス 

En Liten Van フラワーベース Foxが再入荷いたしました。

暑いですね・・・。
猛暑、酷暑、鬼暑。
最近は天気予報の気温だけでなく、iPHONEの天気アプリの「体感温度」を毎日チェックしています。
今日の広島、気温は32度ですが、体感温度は36度。
東京に至っては、気温は33度ですが、体感温度は43度です。
43度って・・・もはやお風呂。
皆様、本当に外出時・スポーツ時はお気をつけください。

そんなつらいなかではありますが、涼しいスウェーデンより人気のきつねさんが再入荷いたしました。



福岡県在住の陶芸家 鹿児島睦さんデザイン、
スウェーデン・グスタフスベリの工房keramikstudionで生産されたフラワーベース、En Liten Van。
一気に大量には作ることができないものなので、小分けに入荷していますが、
いつも人気ですぐに欠品するのがこちらのFox、きつねさんです。



このシリーズ、個人的にはBirdが好きなのですが、
やっぱり鳥というのはモチーフとして人気なので、
すでにお家に別の鳥さんをお持ちだったりということでしょうか。
だんぜんFoxが人気です。



フラワーベースには、ハンカチがセットになっているのですが、
今回入荷したFox分は、ホワイトの生地にターコイズグリーンのプリント。
柄がくっきりとして、涼しげでかわいいです。

このほか、入荷時によってはホワイト生地に黒のプリントのものもございます。

基本的にはハンカチのお色はお選びいただけませんが、どうしてもこの色がいい!
というご希望がある方は、備考欄にお書き添えの上、ご注文くださいませ。
在庫がある場合には、対応をさせていただきます。

→ En Liten Van フラワーベース (鹿児島睦 +keramikstudion)

ちなみに、鹿児島睦さんといえば、こちらの波佐見焼の花器もございます。
こちらはつるっとした仕上がり、少し雰囲気が違いますが、シンプルで、
ギフトにも人気のアイテムです。



→ 鹿児島睦 ウサギの花器 Rabbit Flower Vase 




CINQの日傘 新入荷&リサ・ラーソンRABBIT再入荷

7月に入ったとたん、暑いですね。
日差しのじりじり感が殺気立った感じになり、湿度も上がり、
酷暑到来です。

アームカバーや日傘などなど盛夏アイテムが
毎日、皆様のもとへ旅立ってゆきます。




日傘はCINQさんらしく、持ち手から細かいパーツまで素敵に仕上がっており
展示会でおおおっとなったアイテム。撮影でも人気でした。
小ぶりで扱いやすいので、いつもはビニール傘の私も
おしゃれ傘入門にグレーを購入したところです。



春から少しずつ入荷してきた夏アイテムは、
7月中旬から品薄になりますので
狙ったお色のある方は、お早めに。

また、久々にgrisさんの刺繍キットや、lisa larsonのRABBITも再入荷しています。
RABBIT・・・目つきの悪さがたまりません。

・中川政七商店 アームカバー
・CINQ 日傘
・gris + 樋口 愉美子 EMBROIDERY KIT 刺繍キット
・lisa larson RABBIT


※日傘の撮影は、sukimaの小さな茶室のようなギャラリー、SENZAで行いました。
広島に寄られた際には、ぜひ足を伸ばしてみてください。(営業は予約制)

北欧:フィンランド・ヘルシンキ編

公園のような国、スウェーデンに別れを告げ、Norwegianでヘルシンキへ。
ヘルシンキでは、アパートメントホテルに泊まって、自炊しながらの4日間でした。



小さいベッドとテーブルと、フルキッチン付のアパートメントホテル。
外食が続くと、いくら美味しいものだったとしても、
胃が「ふうううう・・・」となってしまう貧乏胃腸の私には、キッチン付は天国でした。
スーパーで生鮮品を冷やかすだけでなく、実際に買えるのもうれしい。
野菜のざっくりとした売られ方や、鳥モモ肉がどれかわからなくて悩むのも新鮮。
海外一人旅ディナーは、レストランで「1人分」を注文するのが至難なので
そういう意味でも、薄味の適量を食べられて、ほっとしました。




■すばらしかったもの

フィンランドで一番素晴らしかったのは、アアルトの家でした。

おそらく天候的なものも関係していると思うのですが、
(4月末のフィンランドはスウェーデンより寒い)
街の雰囲気は、ヘルシンキよりストックホルムが好きだったのですが
ポイントポイントで、面白く、強烈な建物が点在していたのがヘルシンキ。

なかでもアアルトの家は、
インテリアやら雑貨やらお家やらが好きな方は、多分全員好き、というほどよかったです。





決して大きくはないけど、庭も含めて景観を大事に設計された家。
大きな窓が気持ちよく、木や藤やガラスや布や陶器の、プラスチックが全然見当たらないインテリア。
モネの「黄色いキッチン」のような強烈な個性はないのですが、
好きなものや友人の作品や旅で見つけたものをさっと飾ってある、
気持ちよくて寛げる空間でした。
昔は周りに建物もあまりなくて、窓からの眺めももっとよかったのだとか。

■面白かった建物など






フィンランドは、住宅街の中や、ショッピングセンター近くなど、
「えっ?」という場所に面白い建物が点在していました。

”岩の協会”テンペリアウキオ教会では、町の合唱団の皆さんが、コンクールに向けて本気練習中。
観光ガイドで見た写真とは全く違う光景を見られて、面白かったです。

ショッピングセンター脇にどーんとある、カンピ礼拝堂。
中に入ると、街の喧騒から一気にしんとした雰囲気になる感じが忘れられません。

そして、多分晴れてたらよかったのでしょうが、
曇だったために、ものすごい怖い雰囲気を醸し出していたシベリウス公園。
子どもが見たら泣き出しそうな写真がとれています。

■お買い物
お買い物で楽しかったのは、ヒエラハティ・マーケットホール前の蚤の市。
状態の良いアンティーク食器にまたまた目がハートに。。
Arabiaの工場も楽しいのですが、基本的に新品は日本でも買えるものばかりなので
アンティークに目がいっていた今回の旅でした。

そうそう、それから粗挽きカルダモンの入手。
スウェーデンのカルダモンロールには、粗挽きのカルダモンが入っているのですが
これが日本ではあんまり見かけないのです。
日本でカルダモンといったら、ホールかパウダーですよね。

日本に帰ったら、カルダモンロール作りに挑戦しようと、
カンピのショッピングセンターで、粗挽きカルダモンをたくさん買って、
カルダモンの香りとともに帰国しました。



北欧:スウェーデン・ストックホルム編



GWを利用して、スウェーデン→フィンランド・エストニア→デンマークを巡る、
スカンジナビア出張に出かけてきました。
日本では、「北欧」とひとまとめにすることが多いこれらの国々なのですが
実際訪れてみると、当たり前ですが街の雰囲気もが全然違っていて・・・
駆け足巡りすぎて、最後のコペンハーゲンでは軽くバテしつつも
春になったばかりのスカンジナビア半島を満喫することができました。

もしこれから行かれる方が居たら、参考になれば・・ということで
いくつか旅でぐっときたものをご紹介したいと思います。

まずはスウェーデン・ストックホルム編。



実は出かける前に一番期待していた国は、フィンランドだったのですが、
行ってみて一番ぐっときた国はスウェーデンでした。

街全体が大きい公園のような雰囲気で、
特に私が泊まったVilla Källhagenというホテルの近くには
だだっ広い原っぱ?(公園でもなく、中に道はあるのですが、馬も通るようで、とにかく広い)があり
スカンセンに行く途中には、乗馬した人々に普通の道で出会うこともあり、
ありえないほどの鳥の声がして、ただ歩くだけで、気持ちよく、幸せな気分になってしまう街でした。

■おいしかったもの




・ホテルVilla Källhagenの朝ごはん

tripadvisorでも人気のVilla Källhagenの朝ごはん。
レストランを併設していて、そこで毎朝焼かれる数種のパン、
ハムやパテ、夢のように美味しいチーズ、フルーツなどなど、食べ放題のビュッフェ。
これらを皿に盛って、湖を臨む窓辺で平らげるひととき。至福すぎました。

というか、ストックホルム好きになってしまったのはこのホテルに泊まったからでは?
というほど素敵なホテルでした。
街からはバスで10分ほどですが、たくさん出ているので不便は感じなかったし、
毎日歩き疲れて帰っても、湖と原っぱのそばのこのホテルで癒されました。


・Stockholms Gastabudのミートボール

ガムラスタンのお店、Stockholms Gastabudのミートボール。
ミートボールにかかっているチーズソースが優しい味で美味しかった。

一人旅だったので、ミートボール(パンがついてくる)とビールしか
注文しなかった私にも優しく接してくれた店員さん、ありがとう。


・ValhallaBagerietのカルダモンロール



映画の影響か、シナモンロール=フィンランドのものというイメージだったのですが
発祥はスウェーデンらしい、ということで行ってみた人気ベーカリー。
こちらは地元の方にも人気らしく、入り口で整理番号の書いた紙をとって
順番を待つ、というシステムでした。

そしてこちらのカルダモンロールが!絶品でした。
ストックホルムでは、ほとんどのお店でシナモンロールとカルダモンロールを売っていて
このカルダモンロールに私ははまってしまったのですが、
生地も香りも、こちらのベーカーリーのが一番心に残りました。

ちなみにその後のヘルシンキやコペンハーゲンでは、カルダモンロールは見かけなかったので
ストックホルムに行ったら、必食です。

■楽しかったこと

・ガムラ スタンでアンティークショップ巡り

器好きの方には、おすすめしたいガムラ スタンのアンティークショップ巡り。
グスタフスベリの少し古い陶器や、アンティークレースに目がハートになりました。

・ローゼンタールガーデン

大きすぎるお庭、ローゼンタールガーデン。
ガーデンがあるユールゴーデン島自体が、緑いっぱいの散策路のようになっているので
辿り着くまでの散歩も楽しい。
ここのカルダモンロールも、美味しかったです。

・スカンセン



ここも、規模感に圧倒されてしまった野外博物館スカンセン。
野外博物館がある、ということで出かけてみたのですが、
いっこうに北方民族博物館にはたどり着けず、
自由な雰囲気の動物園があり、中にいくつも公園があり、遊園地もあり・・・
全くもって半日では回りきれなかったスカンセン。
ここもまた行きたいです。今度はちゃんと園内地図で予習してから。

・グスタフスベリ



残念ながら陶器博物館は閉まっていたのですが
アウトレット巡りも楽しかったグスタフスベリ。
数は少ないのですが、skrufのファクトリーアウトレットなどもあって
お宝発見気分で行くと楽しいです。
街から行くときはスルッセンでのバスの乗り換え口がわかりづらいので、
そのへんの人に、勇気を持って聞くのをおすすめします。

■旅の必携

・プリペイドSIMカードComviq。
1日間は街のwifiを拾いながら頑張ったんですが、耐えられず2日目に購入。
安全ピンで、SIMストッロルの抜き差しをやってのけました。
私はセブンイレブンで買ったのですが、後から考えるとアーランダ空港で買えばよかったなと。
日本からWifiルーターを借りていくより安いです。
もはやGoogle mapなしでの旅は考えられないですね。

・SLアクセスカード
バス・メトロ・電車などが乗り放題になるSLアクセスカード。24時間のものもあるんですが、
今回は72時間を購入。
アーランダ・エクスプレスには使えないのですが、それ以外はグスタフベリのような郊外にもOK。
これさえあればなんでも乗れる、というのは心強かったです。

・クレジットカード
ローゼンタールガーデンでは、「現金お断り」の表示があるほどキャッシュレス社会のストックホルム。
今回、両替全くなしで、すべてカードで通してみました。
1度だけ、デパートのトイレが有料で、コインがなくて入れなかった以外、
すべてクレジットカードで乗り切ることができました。
amexは使えないお店が多いので、VISAを持ってくことをおすすめします。


こう見ると、強烈に語っているのは食べ物のお話ばかりですね。。
あーでも、ほんとうによかったです、スウェーデン。
また行くと思います。冬の景色も見てみたいし、
夏なら、今度はレンタカー借りて、田舎巡りにも挑戦してみたい。

最後に。ストックホルムも桜が満開で、びっくりしましたー。咲くんだなあと。



鹿児島睦さんのKUKATシリーズが入荷しています

鹿児島睦さんの描いたたくさんの花々を、
フィンランドのテキスタイルメーカーLapuan Kankrit(ラプアン・カンクリ)が
織りで美しく表現した贅沢なテキスタイル、「KUKAT」シリーズが入荷しています。







「KUKAT」とは、フィンランドで「花々」の意味。
鹿児島さんの描くモチーフは、動物や魚が入ったものは
ユーモラスで、少しかわいらしい印象なのですが、
今回はお花だけに限定され、アイテムもシックな仕上がり。

手軽にテキスタイルを楽しんだり、ギフトとしても喜ばれそうなタオル、
テーブルにさっと広げて使えるテーブルランナー、
肌触りもいい大判ブランケット(テーブルクロスとしても使えます)の3種類。

ウォッシュドリネン+コットンの素材は、
年間を通して扱いやすく、洗うほどに柔らかい風合いが出てきます。

今回、FAVORでは黒をメインにお取り扱いしておりますが、
タオルのみ、ローズ色も揃えています。

インテリアのポイントに使いたいKUKATシリーズ。
ぜひご覧になってみてください。

・KUKAT タオル
・KUKAT テーブルランナー
・KUKAT ブランケット



今年もCINQさんよりフィンランドの蚊取り線香入れが入荷しました

桜は一瞬にして葉桜へと変わりつつある4月3日です。
今年の桜は早かったですね。。
毎年、咲くかな・咲くかなという時期を楽しみにしているんですが
今年は開花から一瞬にして満開。
なんだかこのまま夏に突入しそうで怖いです。

さて、初夏の人気商品、CINQさんのフィンランドの蚊取り線香入れが
入荷しています。



さわやかなイメージのフィンランドにも蚊がいる!ということに
驚きですが、短い夏の間、サマーコテージで過ごす際には、
フィンランドの皆様もせっせと蚊取り線香を燃やしているのだとか。

私も人に比べて蚊に刺されやすい体質なので、
蚊取り線香入れ&虫刺されスプレーは夏の必須アイテム。

こちらの蚊取り線香入れはブリキ製で持ち運びがしやすく、
玄関に、ガーデニングに、バーベキューに、キャンプに・・・と、
行く先々に持って行きやすいのが人気の秘訣です。

こんなにすっきりとして、無駄のないデザインの蚊取り線香入れも
ほかにないですしね。



とはいえまだ蚊はいない、蚊取り線香はまだ早いと思われた皆様!
そうなんですが・・・
こちらは毎年4月前後に1回だけ入荷し、その後の再入荷はないため、
過去の当店の実績で見ても、本当に必要になる夏には
欠品していることが多いアイテムなのです。

今年は例年より多めに入荷しておりますが、
ぜひご購入はお早めに。

・CINQ フィンランドの蚊取り線香入れ




鹿児島睦さんのコットンバッグに新色が登場しました

2016年「鹿児島睦の図案展」の際に制作された、
鹿児島睦さんのZUAN Lettersのコットンバッグに、2018年の新作が登場しました。
植物のなかに、ABCに由来する生き物が隠れている楽しげな図案。
今回の新作は「T」「S」「A」。
「A」は前作のグリーンに加えて、今回新しいレモンイエローが加わり
2種類から選べるようになっています!





シルクスクリーンで大きくプリントされたアルファベット図案と
バッグのコントラストを楽しめる、ファッションのポイントになるエコバッグ。
いずれも二色刷りでプリントを重ねることで図案を再現しています。

上着なしでお散歩できる春夏、
身軽になったら、軽くてたくさん入るコットンバッグでお買い物。
旅先でのサブバックとしても活躍しますよ。

・鹿児島睦 ZUAN LETTERS コットンバッグ

CINQさんの木製プレート



昨夜は実に数年ぶりに自家製ピザ。
しかもオーブンではなく魚焼き用のグリルで、という晩餐でした。
生地捏ねから焼きまで、制作は旦那さん。
焼き立てに「できたよー」と呼ばれて食べる自家製ピザ!最高です。

今回は偏愛している(ピザ屋さんでもそれしか注文しない)マルゲリータ
に加えて、ゴルゴンゾーラ+ナッツというトッピングも試してみたのですが
これも美味しかった。

そしてこんな時に活躍するのがCINQさんの木のプレート・丸。
上品なオーク材(ヨーロッパナラ)で作られており
チーズの盛り合わせや、パンとの相性が抜群です。

サイズは直径18.5cmサイズと直径24cmのサイズの2種類があり、
ちょうどこのピザには18.5サイズがぴったりでしたが
おもてなし用に、盛り合わせプレートとしての利用がメインでしたら
直径24cmのほうがよいかもしれません。

CINQさんなので、木のお皿 としてはお値段も優しめの設定ですし
カッティングボードとしても重宝し、傷が入ってもよい感じになじむので
大小揃えても。

木製プレート は使わない時に食器棚の脇に立てかけておいたりと
見せるかたちでざくざく収納できるところが気に入っています。
丸以外に、長方形の形もございます。

・CINQ 木のプレート 丸
・CINQ 木のプレート 長方形 大
・CINQ 木のプレート 長方形 小








<< | 2/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM